02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.3.29

2010.03.29 (Mon)

 おびただしい数の新芽が準備を済ませ、産まれ出るのを待っているというのにまだこの寒さ! 庭は雪に埋もれてしんと静まり返っています。 今日の最高気温は-1℃ですっかり春に見離されているみたい。 でも、こればかりは仕方がない。 天気の神様が気前よく暖かい光と風を振舞ってくれるまでじっと待つだけです。 庭から最後の雪が消え、凍った土がやわらかく息をするようになったら、それこそ花など見ている暇はないのですから。 あちこち掘り起こし、堆肥を運び、もぐら穴を塞いだりしているうちに、音もなく花は咲き、庭はうっすらと緑にけぶってくるのです。
 心ときめかし待つ喜び。
 もはや庭は臨月を迎えています。

100329


スポンサーサイト
22:38  |  海のマリーの日々

2010.3.19

2010.03.19 (Fri)

 雪のとけた庭に福寿草が咲いていました。 種をまいて6年目に、ようやくね。 毎年期待しては裏切られていたので、今年はそんなものがある事さえ殆んど忘れていましたから、ちょっと嬉しい驚きです。
 春の雲が空を行く久しぶりの暖かい日ですから、光を受けてあたりに金粉でもまき散らすみたいに輝いていましたよ。
 雪にも夏の暑さにも、台風にもイノシシにも負けず、欲もなく癇癪もおこさず、辛抱強く、イツモシヅカニワラッテイタのが良かったのね、きっと。

100319


18:11  |  海のマリーの日々

2010.3.1

2010.03.01 (Mon)

100301b

 春は弥生の始まりは静かな霧の朝。 雪のとけやらぬ庭のいつもの場所に見つけましたよ。 今年もまた一番に、スノードロップ。
 ある国には、この花が雪に白い色を分けてあげたので、雪の中で咲くようになった、という伝説があるのですって。 “イブの涙”という別名もあると聞いたような気もします。 花言葉は“友情”、でもなんだかしっくりしないので私、決めました。 スノードロップの花言葉は“恋する真珠の為の絹のドレスの輝き”! ある詩人の考えでは真珠はその昔、貝の中にしまわれた女の子の涙だったのですって。
 どうです、ぴったりでしょ。

100301a


20:57  |  海のマリーの日々
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。