04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.5.28

2010.05.29 (Sat)

 クマガイソウはふっくら、どっしりとした船のようです。 そう、ノアの方舟。 それがいつか、2年先か2百年先かわかりませんが地球に危機が訪れた時、生きとし生けるもののすべてが乗り組んで、宇宙の海に漕ぎ出すのです。 神の教えからなめくじさんの智恵まで出しあって苦難に耐えて進む、感動的でドラマチックな第2の母なる地球を探す旅!と、なるでしょうか?

 今日は風が緑の光となって吹き渡る輝くような1日でした。 梢ではカッコウも鳴き、早くも5月が過ぎようとしています。

100528


スポンサーサイト
00:05  |  海のマリーの日々

2010.5.20

2010.05.20 (Thu)

 シロバナヤマシャクヤクが咲きました。 固く巻いた葉をゆるめ、中に抱いていた小さなつぼみの玉を見せてから1ヶ月、あでやかに、誇らしげに木もれ日の中で輝いています。 バラ以外は小さくやさしい花の多い庭で、気ぐらいの高さでくっきりと際立っています。 1年のうちのたった数日きれいな花を見るために、これ以上は出来ないというくらいに心を砕き、骨を折っている誰かがいるなんて、もちろん知らぬげに。
 いいのよ。何にも知らなくて。 その場所にただ咲いているだけで、あなたの役目は済むのだもの。

100520a

100520b


22:08  |  海のマリーの日々

2010.5.17

2010.05.17 (Mon)

 シラネアオイ、ヒトリシズカ、ニホンサクラソウ、ヤマブキソウ、ユキザサ、エンレイソウ、チシマキンバイ、イチリンソウ、ヤエザキニリンソウ、スミレ、ムスカリ、スイセン、プリムラ、チューリップ、ユキヤナギ、ライラックなどが、暖かい光の中で我が世の春とばかりに咲いています。 雪と氷が消え、バラが六月の中旬に咲きはじめるまで、これらの小さな花々が庭中にしあわせの色と香りを振りまいています。

 ところで、昨夜の空を見ましたか? 星と月が握手できそうなほどに近づいて、逢えたことを喜びあっているようでしたよ。


100517u


100517a シラネアオイ

ヒトリシズカ 100517b

100517c ニホンサクラソウ

ニホンサクラソウ 100517d

100517e ヤマブキソウ

ユキザサ 100517f

100517g エンレイソウ

チシマキンバイ 100517h

100517i イチリンソウ

ヤエザキニリンソウ 100517j

100517k スミレ

ムスカリ 100517l

100517m スイセン

プリムラ 100517n

100517o プリムラ 

チューリップ 100517p

100517q ユキヤナギ

ライラック 100517r



100517s


22:16  |  海のマリーの日々

2010.5.12

2010.05.12 (Wed)

 時々、わが家の外壁のどこかをトントン叩くヤツがいる。 朝早くからトントン始めるのでおちおち寝てはいられない。 ホシは割れている。 ここに住み始めたころから、ミズナラの梢によく見かけていたシャレ者のあいつ。 赤、黒、白の派手づくりのキザないでだちの太っちょで、さかさまになって太い幹を登り下りしている。 とにかく穴をあけたくてうずうずしているにちがいない。 それにしても、あの迫力で木や壁を叩いても、肩も痛めず、むち打ちにもならないなんて、とってもいいわね。 もっとも、肩とか首があればの話ですけど。 そっと近づいてシッと威すと、キョトンと宙を見て 「なに! 誰か呼んだ?」 という顔をするの。 あんまりかわいいから許してあげましょう。 きっと止むに止まれぬものがあるのでしょ。 おやりなさいな、アカゲラ君。

 5月も中旬になって青いワスレナグサがきれいです。 チャーミングなコバイモやタイツリソウもやさしい風にフリフリゆれていますよ。

100512b

100512a

100512c

100512akagera
18:42  |  海のマリーの日々

2010.5.5

2010.05.05 (Wed)

 伸びはじめたバラの葉陰にデージーが咲いています。 デージーとは 「美しい・愛らしい」 というラテン語なのですって。 いつだったかイタリア旅行の時、ミラノからローマまで、電車とバスを乗り継いでの気ままな旅となったのですが。 太陽にシフォンのベールをかけたようなやさしいトスカーナの光の中、それはもう、あちこちにこの花が咲いていました。 聞くところによると、イタリアのデージーは国花に準じる花だそうなの。 フィレンツェのウフィーツィ美術館でボッティチェッリの 『春』 の前に立った時、たおやかな女神達の裸足の足元には、多分アネモネや水仙らしき花と共に、たくさんのデージーが咲き乱れていました。ずっと昔から、春に花咲くことをくり返し、今に至っているのですね。 この絵の主役はヴィーナスではなく、ほの暗い土に咲く花々ではないかしらと思ったものでした。
 かわいいと言っても今年のわが家のデージーはなんともひ弱。 もう春なのにまだ目がさめていないみたい。 苦土石灰やその他のサプリのカクテルを、おめざにのませてみたらどうかしらね。

100505


18:41  |  海のマリーの日々
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。